実写版ゴーストインザシェル見てきた 2017年04月30日(日)23:43 none
上映期間ギリギリだったので、3D吹替版ゴーストインザシェル(攻殻機動隊)見てきました。
うん、面白かったです。

いろんなサイバーパンク映画やら押井監督へのオマージュがいっぱいちりばめられたりとか、エンディングのテーマとか、色々解ってるというか…………うがった見方をすれば「ファンから前作無視だ!って言われないような予防線を張りまくったぞゴルァ!」みたいな原作物映画って感じ。
そういう意味では、ビートたけしの配役は「原作は日本の漫画なのに、日本人俳優が一人もでてないぞオラ!」という予想されたであろう批判への予防線という気がしなくも無い。役者さん全員英語を喋るのにビートたけしだけ英語吹替にせず日本語なのは、本人の英語力の問題だけではないのではないかと。
トグサがまんま中国人の役者さんだもんなぁ。中国人の役者さんが嫌だというわけでは無いので誤解して欲しくは無いんですが、トグサと似てはいるけど山寺さんの声とどーも違和感を感じてしまう。

それはさておき、映画を見る前の情報で「なんで?」と思ったところが、途中の展開やエンディングできちんと種明かしされていて、原作ファンにはニヤッとできます。

とにかく原作やアニメ版を見てる人向けに対象を絞ってます。それは正解だと思う。原作無視のアニメ化・実写化が多い中、きちんと「攻殻機動隊」の世界のタイムラインに沿っているのは、好印象です。
反面とにかく難解なので、原作知らない人にはチンプンカンプンなのではないかと。ハリウッドはスクリーン内の映像の情報量コントロールが上手いんですが、どうもSFはディティールが重要なので情報量過多になってしまうのは仕方が無いのか。字幕追いかけるのは大変だと思うので、吹替がおすすめです。

残念だなーと思ったのは、良くも悪くも「攻殻機動隊」の世界で、目新しい所が無いなーと思ったことでしょうか。
この20年間、サイバーパンク映画があまり新しい地平を切り開いてないのでは、と思うとちょっと寂しくもなったり。

過去ログ 200803 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 08 09 10 11 12 
201301 02 03 04 05 06 08 09 11 12 
201401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201701 02 03 04 05 06 07 08 09