都知事選挙雑感 2014年02月10日(月)01:53 none
 都知事選挙について。
 うん、比較的マシな所に落ち着いたかな、と言う印象です。

 舛添要一氏ですが、性格に難があるとはいえ頭は良い人ですし、どう考えても貧乏くじな厚生労働大臣職を第一次安倍〜福田〜麻生内閣と首相よりも長く務めあげた手腕は評価して良いと思います。都知事職も、オリンピックも良くも悪くもそつなくこなすでしょう。
 今回の選挙戦で、反対論調で人格攻撃が多かったのは残念です。中傷はあまり選挙結果に影響しないですね。

 宇都宮氏は、さすがに脱原発で都知事選を戦うのは無謀だったのでは。完全に戦略ミスだと思います。人権派弁護士であり、弱い者の味方として活躍されてきたキャリアを出して政策をアピールすべきだったのではと思いますが……美濃部都政的な公約を掲げたとしても、財政の裏付けない薔薇色なアドバルーンをぶち上げるのは民主党政権でみんな懲りてるので、それもそれでやっぱり辛いだろうナァと思います。オリンピック反対もあまりにも現実離れしていて、現実が見えていないと思われマイナスだったのではないでしょうか。選挙公報を見直したら、オリンピック反対じゃなくてコンパクトなオリンピックに、となってました。反対していたのは前回の都知事選挙だったわ。

 細川&小泉陣営は、見事に反原発票を分散させてくれました。候補者本人のあまりのやる気のなさからみて、個人的には、自民擁立候補への小泉流の援護射撃だったのではないかと勘ぐっています。細川氏に投票した人にしてみれば酷い話なのですが、さすが自民党元総裁はやることがえぐいなぁという感じです。

 田母神氏の敗因はメディア対策でしょうかね。まだネットで選挙に勝負するのは早すぎた。投票は20代から70代以上まで投票権ありますから、若い世代だけに訴求してもしょうがないです。都知事選挙は席が一つですから、満遍なく票が取れないと勝てません。準備不足だった感は否めないです。
 既存メディアからは嫌われていそうな御仁なので辛い所と思いますが、自分の嫌いな物でも飲み込めなければ、やはり一流の政治家とは言えないでしょう。とはいえ初めての選挙で泡沫扱いから主要候補の一角にまでなり、選挙速報で名前が毎回載るまでになったのは大健闘でしょう。ネット対策はこれから重要になってくるでしょうね。
 しかしメディア対策が出来ていないと言うことは、当選しても、議会対策できずにメディアに煽られて炎上していたと思います。

 個人的には、「小泉純一郎」と「猪瀬直樹」と書かれた投票がどのくらいあったのかが気になります。

過去ログ 200803 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 08 09 10 11 12 
201301 02 03 04 05 06 08 09 11 12 
201401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201701 02 03 04 05 06 07 08 09