仕事が一つ終わった 2017年03月02日(木)23:38 自分メモ
 今日、長年携わってきた仕事が、完全に私の手から離れました。

 長かった……。辛いこともたくさんあったけど、楽しい事が沢山ありました。プレイヤーさんの反応もダイレクトに掴めて、いろんな人から楽しい面白い可愛いとお褒めの言葉を頂けて、本当に幸せでした。
 誰も作らないような物を作ったり、今までやったことの無いような仕事にも沢山チャレンジできたり、舞台となった場所まで(自費で)取材に行ったり、作った作品はどれもこれも一生懸命作った思い出深いものです。
 自分のキャリアの中で、これが最も充実した仕事でした。こんな楽しい仕事をして良いのかと思いながら、仕事していました。本当に好き勝手させて貰いました。そんな暴走スタッフの所業に目を瞑ってくださったアートディレクター様には本当に感謝しております。

 しかし楽しい時間は永遠には続かず、最後は身を切られるような思いでした。それでももう一花咲かせられないかと色々悪あがきをしましたが、全ては結局叶わなかったのが残念です。
 とはいえ、数年に渡るという十分な時間をステージに立ち続けられたのですから、これで満足しなさいというのが運命の導きなのでしょう。

 そんな自分はもう40代に突入してしまいました。(貫禄が全然なくて5
〜10歳くらい若く見られますが……えっへん。)ゲームクリエイターの30代という時間をこのタイトルに半分くらい注ぎ込んでしまいましたが、それだけの価値があったタイトルだと思います。むしろ10代20代にやってきたこと、勉強してきたことを全てこのタイトルに注ぎ込むことができました。……まさか10年以上前に六本木のK社で半年ほどやったimodeのケータイゲーム開発で培ったスキルまで、2016年になっても活かせるとは思いませんでした……。
 そういう意味で、このタイトルは自分にとっての集大成でもあります。デザインにイラストから始まって、仕様書きFlashにプログラミングに事務連絡やら渉外まで、ディレクターとシナリオ以外は一通りやりました。よくもまあこれだけやったもんです。

 しかしゲームクリエイターで40代というと、もう上がりの年齢で、30代そこそこで引退してしまう人も少なくない業界です。この年でもまだ最前線に立ってる自分はかなりベテランの部類になってしまいました。自分にとって、これが最後の有名タイトルになるのか、それともまた新しく刺激的な仕事に巡り会えるのか、正直不安な気持ちでいっぱいです。ホント、私はこれからどうなるんでしょうね。

 サービス自体は続いておりますので、これからは自分では成し遂げられなかった発展をし、自分達の作ったキャラクター達がより多くの人達の心に残って愛されますよう、影ながらお祈りしております。

 人知れずこの場にて、キャラクターを愛してくださっている皆様、一緒に開発したスタッフの皆様、そしてキャラクターというペルソナを被り最後まで演じきった某様、本当にありがとうございました。



 こっそり開発時の思い出を文章原稿にして書きためているので、みんなが忘れてほとぼりが冷めた頃にしれっと同人誌を出せたら……いいなぁ……。
   ニャン太  ()
「四十にして惑わず」と誰かが言ったようですが、四十だから惑う?〜長い間築いてきた仕事は、きっと次の発展につながるでしょう。すごいことです。エライです。頑張ったです。人生八十年だそうで、まだ半分だぞ! 期待特大ですぞにゃ〜次の、ゆるキャラの登場待ってるよ〜

過去ログ 200803 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 08 09 10 11 12 
201301 02 03 04 05 06 08 09 11 12 
201401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11